収入証明書なしで借りれるカードローンはどこ?

★収入証明書類とか…用意できないんだけど(+o+)

 

お金を借りようと思っていたのに、収入証明書が必要だと言われて困った・・・という人は結構多いはず。会社から発行してもらわないといけなかったり、区役所に行く必要がある書類だったりで用意するのがムリ!っていう人は収入証明不要で借りれるカードローンがベスト

 

そんな所あるの?って思うかもしれませんが、最近ではかなり多くなっていて○○○万円未満なら不要という条件付きにはなっていますが、ちゃんとあるので安心してください。

 

カードローンの申し込みに必要な書類は「本人確認書類」「収入証明書」の2つがあります。本人確認書類はどこも必ず必要になる書類ですが、収入証明書は必要になる場合と不要な場合があります。

 

本人確認書類はこんなもの

運転免許証、保険証、パスポートなど

収入証明書はこんなもの

源泉微収票、確定申告書、税額通知書、所得証明書、給与明細書(2か月分)など

 

【収入証明書が必要になるケース】

申し込み金額が多い時に必要になる

 

銀行カードローン⇒各銀行によりますが大体100万以上になると必要になる
消費者金融⇒50万円以上になると必ず必要になる

 

銀行も消費者金融も融資額が大きくなればなるほど収入証明書が必要になります。
例えば、大手消費者金融をみてみると融資額が50万円以上の場合が収入証明者が必要になってきます。大手銀行のカードローンは融資額が100万円以上だったり300万円以上だったり。

 

このように銀行や消費者金融によって必要になる融資額が変わってきます。また、融資額に関わらず必ず収入証明書を提出しなければいけない所も多くあります。

専業主婦の場合はどうなる?

 

専業主婦の場合、収入がない分、配偶者の収入証明書が必要です。

 

カードローンの中には必要ではないところもありますが、ほとんどの銀行では必ず提出しなければならないので準備しておくことをお勧めします。

 

自分が借りたい金額は収入証明書が必要かどうか確認してくださいね。

 

【収入証明書が不要になるケース】

申し込み金額が少ない時に不要になる

 

収入証明書が必要ではないケースは融資額が低いときです。例えば三菱東京UFJ銀行カードローンの場合100万円未満なら不要になっているので99万円の申し込みなら収入証明書は不要です。

 

家族にバレたくない、収入証明書を提出したくないのであれば融資額を低く設定しましょう。
また、収入証明書を提出しなくても利用できるカードローンに必ず申し込みをすることです。

 

そうすれば運転免許証や保険証やパスポートなどの本人確認書類だけ用意するだけなので、とても手続きが簡単です。もちろん来店不要で書類も写メとって送るだけになっています。

 

↓収入証明書なしでもOKの会社一覧↓


収入証明不要で借りれるカードローン会社一覧

収入証明不要で借りるなら銀行カードローンが有利!

銀行カードローンは年収による制限もなし

消費者金融よりもかなり低金利で借りれます

限度額

年率

収入証明書

東京スター銀行カードローン
10万〜500万 4.5%〜14.6% 300万以下不要
じぶん銀行カードローン
1万〜500万 3.9%〜17.5% 300万以下不要
オリックス銀行カードローン
最高800万 3.0%〜17.8% 300万以下不要
三菱東京UFJ銀行カードローン
1万〜500万 4.6%〜14.6% 100万以下不要
新生銀行カードローン レイク
1万〜500万 4.5%〜18.0% 100万未満不要

100万未満なら三菱東京UFJ銀行カードローンがオススメ

 

東京スター銀行やじぶん銀行やオリックス銀行は300万円未満で収入証明不要になっています。でもどうせ100万未満の申し込みになるかな・・・という人であれば低金利の三菱東京UFJ銀行カードローンが一番大手で無難ですね。

 

上限金利が14.6%とかなり安いです。
(※ココだけの話、審査もアコムに丸投げでかなり通りやすいという話も・・・)

 

もちろん来店不要で即日融資にも対応しています。審査結果も最短で30分とかなり早いのでお急ぎの方にも人気がある銀行カードローンです。

消費者金融(キャッシング)はどこも50万円未満

総量規制で年収の3分の1までしか借りれない

銀行カードローンより金利が高い

限度額

年率

収入証明書

アコム
1万〜500万 4.7%〜18.0% 50万以下不要
プロミス
1万〜500万 4.5%〜17.8% 50万以下不要
モビット
1万〜800万 3.0%〜18.0% 50万以下不要

収入証明書についてもっと詳しく!

カードローンを利用する場合、融資額が決められた金額以上になってしまうと「収入証明書」を提示しなければなりません。

 

お金を借りる会社によって100万、200万、300万以上と融資額によって収入証明書が必要か不要かということになるので注意が必要です。いくらから必要になるのかは申し込み前に確認する必要があります。

 

カードローンに必要な収入証明書とはどのような書類?

 

収入証明書の種類

源泉微収票、住民税決定通知書、確定申告書、所得証明書、給与明細書

 

などが収入証明書として認められます。会社から渡される給与明細書、または会社に申告したり、区役所などでもらえたりします。

 

基本的にはこのうちどれかコピーしたものを一部提出するだけでOKです。急ぎで必要とするときにわざわざコピーすることがないように事前に準備しておくことをお勧めします。

 

お財布やかばんの中に入れておくと良いかもしれませんね。融資額が比較的大きい場合には本人確認書類と一緒に必要になる書類となるので気をつけてくださいね。

 

収入証明書の注意点

収入証明書を提示する場合、注意点がいくつかあります。まず、金融会社によっては申し込みをするときの新しい給与明細書は1か月分だけではなく、2か月分が必要になります。

 

しかし、地方税が記載されているのであれば1か月分だけで構いません。

 

書類によっていつまで発行したものだけ適用できると決められているので申し込みをしたいカードローンがどのようになっているのかチェックしてください。せっかく用意をしても無効な書類であれば意味がありませんし、書類の不備としてみなされ審査に通貨することはできません。

 

消費者金融の場合は銀行よりも50万円以上の融資額は収入証明書が必要と、必要になる融資額が低い傾向がみられます。専業主婦の場合は要らないカードローンもありますが、配偶者の収入証明書が必要なカードローンもあるので注意してくださいね。


銀行カードローンは収入証明書が要らない?

銀行カードローンは収入証明書が要らない?と疑問に思っている人もいますが、融資額によって変わるのが事実です。

 

カードローンは銀行以外にも消費者金融、信販会社とさまざまな金融会社があります。それぞれによってカードローンの内容が違うのでさまざまなカードローンを比較し、自分に合った会社を見つけましょう。

 

銀行カードローンの収入証明書についてのおさらい

 

収入証明が不要か必要かは融資額によって変わる

銀行カードローンは消費者金融や信販会社よりも融資限度額が大きいです。それは総量規制対象外ということもあり、自分の収入の3分の1以上の借入れが可能なのも影響しています。

 

銀行カードローンの方が比較的大きい金額の申し込みでも収入証明不要になるケースが多いですが、例えば300万円以上の融資額を考えている人であれば、ほとんどの銀行で収入証明書を提出しなければなりません。

 

どのくらいの額から必要になるかは銀行によって違うので確認は必ずしてください。逆にお金を借りたい額が低い場合は収入証明書は必要ありません。

 

専業主婦は収入証明書が必要

銀行カードローンでも専業主婦は収入がまったくないので配偶者の収入証明書が必要になります。基本的には配偶者の収入証明書を提示しなければ利用することはできないでしょう。

 

消費者金融の場合は総量規制による年収制限があるので無収入の専業主婦は、
そもそも申し込み自体が不可になっています。

 

銀行カードローンでも融資額の関係なしに提出が必要不可欠となります。
ただし、銀行カードローンの中でも用意する必要がないところもあるのでどうしても提出したくない人はその銀行カードローンを利用しましょう。

 

その人の状態によって必要か不要か変わることになるので自分できちんと調べておくことが大事です。すべての銀行カードローンが収入証明書が不要というわけでもありません。予め確認しておくことをお勧めします。

 

収入証明書の種類を調べる

銀行によってどのような収入証明書を準備すれば良いのか確認することをお勧めします。

 

どのような種類が収入証明書としてみとめられるのか変わってくるため適用できる書類を準備しておかなければなりません。収入証明書の種類を調べることも大事なポイントです。