カードローン業界の現状

カードローンに対する怖さや不安がある人が不安解消するために、現在のカードローン業界の状態をまとめてみましょう。むやみに不安を感じる必要もありませんが、ぜんぜん平気だとたかをくくっても当然いけません。

 

お金を借りる以上、大事なのは正しい知識を持つことです。

 

まず、いくら法的な整備が整ったとは言え、法律に反するような企業からお金を借りるのであれば、当然怖いことしかありません。ヤミ金などもってのほかですし、いくら取り締まりが強化されても、事実、そうした組織は存在しています。

 

表向きは一般的な企業のように見せていますし、とても整備されたホームページなども用意されていたりもします。騙されないようにするためには、確実に信頼出来る大手企業以外からは借りないと決めてしまうことが良いでしょう。

 

クレジットカードのキャッシングは利用しないほうがおすすめです。
クレジットカードはショッピングなどには便利ですが、キャッシングは一番金利が高いです。旅行先などで気分が良くなって、気軽に現金を引き出したりすると、後で大きく損をする場合がありますので注意しましょう。

 

カードローンで怖い点と言えば、やはり万が一返せなくなった時にどうなるのかという点です。

 

そんな状況を作らないようにすることが重要ですが、もしなんらかのイレギュラーが起こって期日までに返済が難しくなりそうだと思ったらどうすれば良いでしょうか。これは、絶対に自分から先にカードローン会社の窓口に電話して、事情を説明していついつまで待って欲しいと伝えるのが一番です。

 

万が一期限を過ぎても、昔テレビでニュースになったような暴力的な取り立ては貸金業法の改正で規制の対象となったために行われるようなことはありませんが、当然催促の電話や営業マンの訪問などは受けます。

 

大声を上げたり威嚇したりすることがなくても、言われるまでだまっているような態度は良くありません。ただ、事情を説明すれば待ってもらえるのが普通ですが、当然契約違反分の余計な金利がプラスされますので結果大損です。

 

「期日には必ず返す」が基本で、返せないようなお金は借りないことです。