カードローンの基本的な使い方

カードローンを利用する前にカードローンの使い方について知っておきましょう。

 

何も知らないよりは基礎知識を身につけておくことで正しい使い方ができますし、カードローンで借金を増やすこともありません。カードローンはカード1枚で近くのコンビニATMや提携ATMで気軽にお金を借りることができます。

 

利便性が高いことで誤った使い方をしてしまい、借金で悩むことになる人が増えてきています。
そうならないためにもカードローンの使い方をマスターしておくことは大事なことです。

 

必要なときにコンビニATM、提携ATMで利用する

事前にカードローンを持っておけばいざお金が必要だというときに近くのコンビニATM、提携ATMでカードを入れて借りることができます。基本的にカードローンの使い方はとても簡単です。

 

ただカードを入れて必要な金額を入力すればそれだけで現金を手に入れることができます。
そのお手軽さからカードローンを使用している人が増えてきているのです。

 

コンビニATMで利用できるため時間関係なく利用することができるのもカードローンのメリットではないのでしょうか。しかし、深夜や祝日・土日の利用となると手数料がいくらかかかってしまう場合があります。

 

手数料がかかる時間帯によく利用するのであれば事前に手数料がまったくかからないカードローンを選択して申し込むと良いでしょう。

 

1度の利用が融資限度額内であれば何回でもOK!

カードローンのメリットでもあり、使い方次第ではデメリットにもなってしまうのが「1度の利用で借りることができる融資額」です。
カードローンには人によってそれぞれ融資限度額が決められています。

 

収入が多く、勤続年数が長ければ長いほど融資額も大きくなります。

 

カードローンは限度額が1度の利用範囲内であれば2回目も限度額範囲内で借りることができます。つまり、例えば限度額が50万円の場合、1回目に利用した金額が30万円だとしても2回目の利用で40万円借りることができるのです。

 

しかし、借入れが重なる分、毎月の返済額も増えていくことになるので注意して利用しなければ返せなくなってしまいます。