個人信用情報と事故情報

これからカードローンを利用しようとしている人、現在カードローンを利用している人、どちらも一番大事な注意点は、返済について常に計画を持っていることです。

 

ここをリアルに考えられないと、大きく間違ってしまうことになります。

 

返済が厳しい、苦しいというのは、すでに債務超過が始まっていますので、返済滞納など最悪の状況に進んでしまわない内にもう一度自分の収入と返済について数字とにらめっこをしてみる必要があります。

 

個人信用情報に掲載される事故情報にあたるものは、長期延滞、代位弁済、債務整理という3つです。

 

長期延滞というのは借りたお金を返さなければいけない期日から3ヶ月を過ぎて返済を延滞している状態のことで、代位弁済というのは本人ではなく保証会社が代わりに返済した状態を指します。

 

債務整理は、借金が大きくなり、多重債務の際に再生するために行う法的な措置で、自己破産、個人再生、特定調停、任意整理などがこれにあたります。

 

これらの事故情報が個人信用情報に載っている間は、まずカードローンは難しくなりますし、車や住宅のローンも組めなくなります。重い情報ほど長く掲載され、明確な年月はわかりませんが、長期返済で5年、自己破産などでは10年程度にわたって掲載が続くと言われています。

 

反対にプラス評価となる個人信用情報は、もちろん返済の遅延もなく完済したという実績がある人、しかも継続的にカードローンを利用していることなどです。

 

カードローン会社としては、お金を使って返して欲しいわけですから、まったく利用がない人よりはちゃんと借りてちゃんと返してくれる人のほうが上客なわけです。

 

しかも他社からの借り入れが無い、少ないともなれば、とても優良なお客様ですので、審査もすぐに通るでしょうし、限度額も増やすこともやぶさかではないでしょう。

 

つくづく、「ちゃんと返す」ということを実行している人が優良なわけです。

 

そうした意味では、個人信用情報が真っ白な人は逆に疑われて審査に通らない場合もあると言います。ある程度の年齢になって、経済的な活動記録が一切ないというのは不自然なため、債務整理で情報がリセットされたことが疑われるわけですね。