カードローンでお金を借りる時の流れ

カードローンを申し込む時の流れは、直接企業の窓口に行く方法や、ATMのような無人の自動契約機でオペレータと会話しながら契約する方法もあるのですが、今現在一番利便性が高く、多く利用されているインターネット上からの手続きについてまとめてみましょう。

 

まずは自分が借りたい企業のホームページへ行って、申し込みのページに進み、そこでフォームに従って必要事項を入力するだけで基本的には申し込みは終了します。

 

身分を証明するものは必要ですが、フォームがこと細かな項目になっているわけでもありませんので、5分から10分もあれば完了することが出来るでしょう。

 

申し込み自体は24時間受けえ付けているので、夜中でも早朝でも自分の都合の良い時に申し込みだけ行っておくことが出来ます。審査は営業時間内に行われますので、急ぐ場合は前もって入力しておくほうが良いでしょう。

 

入力に必要な主な事項は以下の通りです。

 

氏名、性別、生年月日、住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)、勤務先、勤務先の電話番号、正社員や契約社員、パートやアルバイトなどといった自分の就業形態、入社年月、去年の年収などです。健康保険証の種類などを入力する場合もあります。

 

こうした項目はそのまま審査につながりますし、ここでミスや嘘があると審査に大きく影響します。いい加減に入力してはいけませんので、間違いのないように正しい情報を確認しながら丁寧に行いましょう。

 

審査が開始されると、カードローン会社から電話に連絡が入り、勤務先にも在籍確認の電話などが入ります。審査にかかる時間は各カードローン会社によって違いますが、終了すると結果の連絡が入り、審査OKであれば必要書類を提出、契約手続きがすべて完了すればその時点から限度額以内でお金を借りることが出来るようになります。

 

必要書類というのは、本人であることを確認する書類で、運転免許証や健康保険証、パスポートなどのコピーが必要となったり、収入証明書として源泉徴収票や所得証明書、確定申告書や給与明細のコピーが必要となる場合があります。