カードローンの審査についての注意点

カードローンには審査がありますので、ここで条件に合わないとなればお金を借りることは出来なくなります。どういった審査や基準があるかは各カードローン会社によって内部ルールがあるのでなんとも言えませんが、少なくとも最初の申し込み時に嘘があるような場合には通りにくくなることは間違いありません。

 

例えば、勤務先に嘘を書いたり、少しでも条件を良くしようとして正社員でもないのに正社員と書いたりすることです。年収を多く申告したり、勤続年数を長く見せかけようとする人も多いですが、信用度が著しく下がりますので、絶対に嘘はいけません。

 

本人に嘘のつもりがなくても、ミスがあれば嘘をついたと同じことになりかねません。勤務先の電話番号がうろ覚えの状態で適当に申告してしまうようなことがないように注意してください。

 

審査は個人の信用情報という個人の経済行動の記録を参照して行われますが、カードローンでは、申し込んだという事実だけでもその個人の信用情報にデータが記載されることになっています。

 

例えば、短い期間内に何社も何社も同時に申し込みをしてしまうと、それだけで非常に印象が悪くなってしまい、審査に落とされてしまうこともありますので、申し込む時には1社ずつ、丁寧に行ってください。

 

申し込んだという記録については、保管されるのが6ヶ月間とされていますので、残念ながら申し込んだところの審査に次々に落ちてしまっても、6ヶ月は間をあけて再度申し込む必要があります。

 

だいたいこの間に3社くらいに抑えておかないと、いわゆる「申し込みブラック」という状態になり、どこに申し込んでも審査に通らなくなってしまいます。

 

カードローンなどで怖い点は、とにかく債務超過になってしまうことです。

 

中にはクレジットカードでの買い物と銀行カードローンとは別物だと思っている人もいますが、すべて同じ一人の財布から出ているものである以上、個人信用情報としては同じ条件になります。

 

返済計画は個別に立てるのではなく、トータルで収入と合わせて考えましょう。