カードローンの審査内容について

カードローンを利用する際、申し込みをしても審査に通過しなければ利用することはできません。カードローンの審査内容について気になっている方もたくさんいると思います。

 

金融会社はどのような項目をチェックしているのか把握しておくと、スムーズにカードローンを利用することができるでしょう。カードローンの審査内容について説明します。

 

個人情報

申し込みをするときに名前、住所、電話番号、住居形態、家族構成、職業、年収など個人情報を記入することになります。すべてにおいてチェックしていますが、その中でも特に職業と年収は要チェックしています。

 

審査が厳しいと言われている銀行は安定した収入を得ているのかどうか、勤続年数はどのくらいなのかより細かく調べられます。消費者金融の方が通過基準が低い傾向があり、銀行よりも審査に通過しやすいと言われています。

 

申し込みをするときは個人情報に記入漏れがないようにしっかりチェックしてください。嘘をついても必ずバレてしまい、嘘をつく人と金融会社から信用されなくなってしまうので気をつけてくださいね。

 

信用情報

個人情報よりも大切な審査内容とされているのが“信用情報”です。

 

信用情報は今まで利用した金融会社の履歴や現在の借入れ状況など、金融機関に関わるすべての情報が記載されています。もし1度でも返済に遅れたことがあったり、金融会社とトラブルを起こしたことがあるのなら信用情報に傷がついていると判断されることになります。

 

信用情報に傷があれば審査に通過することは絶対にできません。

 

自分の信用情報がどのようになっているのか確認することはできます。自分が利用したいと思う金融会社が属している信用情報機関に問い合わせをして、自分の信用情報をチェックしてみましょう。

 

信用情報を閲覧するためにはお金がかかってしまうので仕方ありませんが、確認しておくと審査に通過できるかどうか事前に確認することができます。

 

今まで金融機関を利用したことがない人は信用情報自体がまだないのでチェックする必要はありません。