カードローンには種類がある

カードローンにも種類があります。呼び方としてもカードローンやキャッシング、借り入れ、融資などなどいろいろなものがありますが、おおむねそのサービスを行っている企業によって理解することが出来ます。

 

まず、個人向けにお金を貸して、返してもらう時に利息を得るという金融商品を扱っているのは銀行カードローン会社と消費者金融系のカードローン会社、クレジットカードなどのカードローンがあります。

 

銀行カードローンが基本的にカードローンと呼ばれる時に結びつきやすいですが、大元に銀行がいるために企業としてかなり信頼性が高いというので人気が集まっています。

 

大手銀行だけでなく最近ではネット銀行などもかなり数が増えてきて、利用者のニーズも高いです。金利が比較的安く設定されていて、申し込む時のハードルが比較的低いことも利用者の多い理由でしょう。

 

ただ、契約のための審査はスピーディになったと宣伝しているところもあるとは言え、時間がかかる企業のほうが多いです。また、大元となる銀行と、間に入る保証会社と二つの会社からの審査をクリアする必要があります。

 

消費者金融系のカードローンは、大手の消費者金融会社が高い人気を集めています。

 

金利は銀行系よりも高いのですが、審査が速く比較的融通が効くのですぐに現金が必要な人からのニーズが高いです。最近では対応の向上にもチカラを入れていて、かなり借りる側に親身になってくれる企業も多いようです。

 

貸金業法の総量規制の対象になります。

 

クレジットカードのカードローンは、いわゆるクレジットカードについているキャッシング枠を利用したローンになります。利率は各会社でかなり差がありますが、審査がとても通りやすいので社会人になったら1枚は持っていたいという人が多いカードです。クレジットカードで買い物をする延長で現金も引き出せるために利便性がとても高いと言えます。

 

こうした中で最近ではインターネットですべてが完結するネット銀行系のカードローンが非常に高い人気を集めています。融資額が低めの設定であれば口座開設と同時にほぼ無審査で契約することが出来るものもあります。