カードローンってそもそも何?

カードローンを生まれて初めて利用しようと思っている人は、最初に正しい知識を持っておくことが何よりも重要。CMや宣伝、口コミなどに左右されないためにも、自分でちゃんと勉強しておきましょう。

 

カードローンとはそもそも何か

ちょっと難しいかもしれませんが、カードローンは、使途自由・無担保・保証人必要なしの個人向けローン商品です。使途自由というのはそのものズバリで、「何に使ってもいいですよ」というお金のこと。

 

じゃあ自由ではないものもあるのか?というと、どちらかと言うとそちらのほうが良く知られているもので、住宅ローンや自動車ローン、学資ローンなど何に使うかが明確に決められているローンがあります。

 

これに対し、借りたお金の使い道が限定されないのがカードローンです。

 

カードローンには限度額が個人個人に定められていて、その範囲内であればいつでも自由に借りて返せるという幅を持っています。自分で計画して使うことが出来るので、かなり自由度が高いものですね。

 

その自由度を利用して、借りた金額に関わらず一定の額を毎月返済していくリボルビング払いなどの返済方法もありますが、自分がいくら借りていて、いつになったら完済出来るのかがとてもわかりにくくなるために、気が付かないうちに債務超過になりやすい仕組みでもあります。

 

自由ということは、自分で管理が必要だということです。

 

無担保というのは、お金を借りる時に不動産などの担保を用意する必要がないということ。

 

保証人無しというのは、同じくお金借りる時に自分を保証してくれる第三者を必要としないということです。ただ、借りる金額があまりに多額な場合や特殊なケースでは、担保や保証人を求められる場合もあります。

 

通常利用の範囲では、まずそうしたことはないでしょう。

 

ちなみに担保を用意することで、金利を低く抑えることが出来るために有利な面もありますが、返済契約に違反すれば当然担保はすべて没収となります。

 

個人向けですので、事業を行う時の資金として法人が借りるというものではありません。