総量規制による年収制限について

カードローンでお金を借りるとなれば、必ず総量規制の法律については知っておく必要があります。法律として詳細まで勉強する必要はありませんが、私たちに関わる部分でどういった決まりがあるかはちゃんと勉強しましょう。

 

まず総量規制というのは、貸金業法で、個人がお金を借りる時に合計が年収の3分の1までにするようにという法律です。2010年に改定されています。

 

これでは専業主婦や学生では借りることが出来ないということになりますが、世帯収入と言って、その人の所属する世帯が生活費として得ている収入によって判断出来るという法的措置もあることはあります。

 

専業主婦なら旦那様の収入で借り入れ審査を受けることも出来るわけですが、旦那様の同意書が必要だったり手続きが面倒だったりするために消費者金融系カードローンではあまり歓迎されません。

 

ところが、この総量規制の法律自体、適用されないのが銀行です。
貸金業法は消費者金融会社などの貸金業者が対象なので、銀行は別というわけですね。

 

だから銀行カードローンは専業主婦でも学生でも誰でもOKというようなうたい文句を掲げていたり、口座を作ってくれれば無審査でいいというような運営をしています。

 

年収に関する縛りもないので、収入証明不要ということも可能なわけですね。

 

ここで疑問があるのですが、「消費者金融会社系のカードローンと、銀行カードローンの両方を利用する場合には法律的にはどうなるの?」という点です。

 

総量規制によって判断が行われるのは新規契約時、つまりはどちらのカードローンがどのタイミングで新規契約されるかによって答えが異なります。例えば、すでに消費者金融系カードローンで年収の3分の1ギリギリの借り入れをしている場合、あらたに銀行カードローンを申し込むなら、法的には追加で借りることは可能な状態です。

 

でも、反対にすでに銀行カードローンで年収の3分の1ギリギリの借り入れをしている場合、あらたに消費者金融系カードローンを申し込んでも法律に抵触しますので絶対に通りません。

 

とは言え、いかに法的には可能でも、これで銀行カードローンの審査が通るほど甘くはありませんね。