カードローンの審査が通りにくい…

カードローンがどうしても通らないという人は、原因を確認してみる必要があるかもしれません。

 

カードローン会社にどうしてかと問い詰めても明確に答えてくれることはありませんが、そのような状態で何度も何度も申し込みを続けていてもまず難しいでしょう。

 

すでに他に何社も借り入れがある人の場合はかなり難しいですが、さほど心当たりがないという場合には自分の条件を整理してみる必要があります。

 

まず、銀行カードローンは金利も低く、信頼度も高いので誰もが最初に申し込むところですが、金利が低いということは審査も厳しめになるということですから、難しいようであれば消費者金融系のカードローンに切り替えて申し込んだほうが成功率は高くなるでしょう。

 

確かに金利はかなり上がりますが、無理に銀行カードローンを追いかけていても難しいでしょう。

 

もうひとつは、自分の個人信用情報を自分で確認するという手段です。
こちらをあまりおすすめ出来ないのは、内容を照会するために費用が1,000円もかかってしまうためです。

 

バカにならない費用ですから、あまり簡単に確認することは出来ないのですが、カードローン会社が参照している個人信用情報に金融事故情報が掲載されている以上、まず審査に通るのは不可能と言わざるを得ません。

 

事故情報は、自己破産などの債務整理は当然のこと、返済が滞ったというような情報も返済事故情報となります。こちらの記載は5年間掲載されますので、掲載期限の5年が過ぎるまでは申し込みをあきらめるしかないでしょう。

 

こうした原因はありますが、まず審査に落ちる原因で一番多いのが借り入れ件数の多さです。

 

少額でも何社も借りているような場合にはまず通りませんので、対処方法としては返せるところは完済して契約を切り、一箇所にまとめるという手段も考えられます。

 

自分でどこからどれくらい借りているかわかっていない人もいて、申込時に少なく申告してしまうような場合も悪質な嘘と判断されます。

 

新たに借入先を増やすのではなく、完済してまとめる方向を考えるべきです。