使う前に知っておきたいこと

カードローンを利用する前に必ず知っておいてほしいことがあります。

 

基礎知識を身につけた上で利用する人とまったく知らない人とでは使い方に大きな差がみられます。よくカードローンで失敗するような人はカードローンについてしっかり知識を持っていない人の方が多いのです。

 

失敗しないためにも、カードローンを有意義に使うためにも知識を身につけておきましょう。

 

消費者金融・銀行・信販会社の違いとは?

カードローンといえば、銀行系カードローン・消費者金融系カードローン・信販会社系カードローンの3つが主な種類となります。

 

1番人気があるのは金利が低いカードローンである銀行カードローンです。

 

銀行はこの中でももっとも私たちの生活に身近な金融会社であり、安全性も高いので利用しやすいのです。しかし、その分審査が厳しく、信用情報に傷がある時点で利用することは不可能です。

 

消費者金融はよくTVCMでも流れているように、大手消費者金融は有名ですよね。

 

大手であればまだ安全性はありますが、あまり有名でなく、「借りるなら今!」「1番金利が低い!」と売り文句を大々的にアピールしているような消費者金融は危険です。

 

金利が銀行より高いので安全性の高い大手消費者金融を利用してください。

 

お買い物用としての機能が強いカードとして認識されている信販会社のカードローンはキャッシング用と分かれているのが特徴的です。金利は銀行よりも高い傾向がありますが、安全性はあります。

 

このように、それぞれによって特徴があるので自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

融資までの流れ

利用したいカードローンが決まれば申し込みをします。郵送、店頭窓口、電話、携帯電話、パソコン、自動契約機などいろいろな申し込み方法がありますが、即日融資を希望するのであればインターネットでの申し込みがお勧めです。

 

インターネットは人の手を使うことがないので無駄な時間を省くことができ、申し込みから最短30分で審査結果が分かります。通過すれば手続きを済まし、指定した口座へとお金がすぐに振り込まれるのでそのまま引き出して利用することができるのです。

 

初回以降は自宅に届けられたカードを利用していつでもお金を借りることができます。即日融資可能なカードローンが増えてきたため、ますますカードローンの利便性が高まりました。