勤務先への在籍確認がある?

カードローンを申し込んだ時に勤務先に在籍確認が入ることがどうしてもNGなために申し込みが出来ないという人がいます。

 

在籍確認が行われないカードローンなどについてまとめてみましょう。

 

在籍確認というのは、申し込んだ時に申告した勤務先で本当に働いている事実があるかどうか、安定した収入について事実確認をするために行われるものです。

 

お金を貸すほうはどうしても知るべき大事な点ですから、通常は勤務先に電話をかけて、本人が在籍しているかどうかを直接確認するのが一般的に行われている方法です。

 

もちろん職場の目もありますので、カードローン会社だと名乗って電話がかかって来るわけではありませんが、最近ではこの在籍確認がなかなか難しい状況になって来ていることも事実です。

 

企業のほうで従業員に対する個人情報を守るために在籍について答えることが出来なくなっていたり、取引の無い会社からの電話を取り次がないといったような代表電話の対応が行われていたりするからですね。

 

また、不審な電話がかかって来ることで職場の目に晒されることを気にする人もいて、申し込む時に勤務先への電話が不可であることを伝えると他の手段に切り替えてもらえる場合も中にはあるようです。

 

ただ、、基本的に消費者金融会社では在籍確認は必須事項となっていますので、必要とされている場合には避けて通ることは難しいでしょう。

 

一方、在籍確認を一切行わないとするカードローンも少しですが出て来ています。

 

ただ、多くは銀行カードローンで、その大元の銀行に口座を持っていること、もしくはそこで口座を同時解説することで在籍確認を無くしているのが主流です。すでに該当する銀行口座があるのであれば、申し込みの手続きだけで審査さえ通ればすぐにでも融資を受けることが可能な場合があります。

 

ネット銀行系にとても多くなって来ている手法ですので、どうしても避けたい場合にはそうした方法も検討出来るでしょう。また、同じくネット銀行系では、審査自体が無しという割り切ったサービスも行っているところがあります。限度額がかなり限られているのがネックですが、あまり大金を必要をしないのであれば、そうした選択肢もあるでしょう。